FC2ブログ
日常語り
気前よく生きてやれ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これおもしろそう。
2009年 07月 11日 (土) 20:00 | 編集

「正直売れたい。-BLマンガ家 天城れのの必死屋DAYS-」
兄友でサイン会もあるようですww
スポンサーサイト
ななななんか・・・・わぁぁぁぁぁぁぁ・・・えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。
2007年 01月 20日 (土) 23:32 | 編集
今日は
高校時代の友人とお出かけ
目的は
お財布見に行く(友人)
サイン会に行く(自分)
ということで
サイン会の開催場所の
渋谷でぷらぷら
20070120225616.gif

この本にサインしてもらいました。
作家さんは
清涼院流水御大
20070120225633.jpg

サインはこんな感じで
かなり凝ったものでした。
写真どうりの人物で
期待を裏切らない人でした・・・。

それはそうと・・・・。
サイン会に参加するにあたりなんとなんと・・・。
偶然って素晴らしいと思うことが・・・。


なんと・・・。
拙者の前に並んでいた方が・・・。


当時の様子を
振り返ると・・・・。

あと一人で自分の番だ・・ドキドキ。
前の人はどんな感じだろう
覗き・・じぃ

なにやら
流水御大と親しげに会話

会話の内容を盗み聞き・・・フムフム
↓こんな感じ
「どうも」
「どうも」
「いつも絵使わせてもらってありがとうございます」
「いえいえ」
「今後とも宜しくお願いします」
「こちらこそ」
「名前はどうします?」
「・・・で」

凝視

( ..)φカキカキ

西

まさか・・・・。
絵って言ってから
西尾維新さんではないよな・・・。

( ..)φカキカキ

西島

ええもしかして

( ..)φカキカキ

西島大

!!!!!!!!!

( ..)φカキカキ

西島大介

!!!!!!ぎゃぁ

それから挙動不審な行動をとる
ガクガクブルブル
凝視
ワナワナ



あ因みに
西島大介さんというのは漫画家です。
ご本人HP
ふつうの人過ぎて分からなかった。

だって・・。
拙者
そのお方と
サインを貰う前に
会話?をしたのでござる
・・・。
まぁ
自分が一方的な感じだったけど

その場面を振り返ると・・・。

列に並んでいる拙者・・・。
あとから列に入ってくる男性。
拙者の後ろに並ぶ・・。
このとき整理券の番号は
聞かれず・・・。



ふと後方に目をやると
読んでいる・・・。(西島氏)
読んでいる・・・。(西島氏)
整理券が目に付く・・・。

あれ・・・。
拙者より前の番号である。
もう一度自分の番号を確かめてみる
自分より前の人であった・・・。

「あの~整理番号私○○番なので今、みえたところ番号が私より前みたいなので前にどうぞ・・・」
みたいな感じでフツーに話しかける
「ああそうですか、どうも」
見たいな感じで
答える・・・。(西島氏)
前を譲り会話その他終了。

そのあと
その男性(リュックしょってた)
かの西島大介さんだと気づく・・。
という感じ。

ホントにびっくりしました。
一度に
流水御大と
西島氏を
見れる機会なんて
もう無いよ・・・・。

感激でした。

流水御大と西島氏の
コラボ

20070120225627.jpg

サイン会企画のスタンプラリーの
御大の絵を描いてます。

20070120231649.gif

『成功学キャラ教授 4000万円トクする話』



なんかすごい1日だった。
宝くじ当たりますように。
2006年 08月 02日 (水) 21:11 | 編集
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
西尾 維新、大場 つぐみ 他 (2006/08/01)
集英社

この商品の詳細を見る

読了。
どうやら昨日の内容を一部修正しなければならないようです…。
竜崎によるミスディレクション。
竜崎=Lであり、竜崎≠L。
ノベライズを担当したのが西尾維新だということをすっかり忘れてました。
あんまり言い過ぎると
核心をついてしまう恐れがあるのでここまで。もう核心を突いている恐れ大ですか…。
最後に一言。
眼鏡っこの次はドジっこにツンデレ(笑)

原作者の大場つぐみさんについては沢山論争がなされてますよね。
清涼院流水希望で(笑)
西尾維新は清涼院氏のトリビューと作品書いてましたし、
なんとなくその書式に今回のデスノが
なんとなく似てたんだよね。
気のせいだとは思うけど。


まるマゲーレポ。
とりあえず1週目終わりました。
総プレイ時間約11時間。
EDはグエン。
おひるね、ヤバい。
素敵。
テマリさんのスチル最高でした。

戦闘システムはゲーム慣れしている人間にとっては
簡単だったのでちと苦痛に感じました。
主人公が戦闘に参加しないのはちょっと・・。
あと、2週目に入って、
今までのボイスがスキップできないのでめんどくささを
感じてます。
遙3はその辺良く分かっていらっしゃったなぁと
関心。

友人に戦国無双2を借りたのでそれで
鬱憤を発散します。

copyright (C) 気前よく生きてやれ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。